若林の家
2014 東京都 木造地上2階 敷地面積:106.58u 建築面積:63.26u 延床面積:105.81u

密集地に建つ3世代6人家族の住まい。
一般的に、家族の人数に応じて部屋数も増え、各部屋の広さも限られてきます。
特に密集地で斜線制限が厳しい場合は顕著です。
そこで、なにか特別な建築表現や構成を追い求めるのではなく、これまで大切にしてきた通りに、
設えや納まりと言った、生活の背景を丁寧に設計することを心がけました。
限られた規模の中に造作家具や木・漆喰などの質感のある仕上げを取り入れ、
また、広さは限られていても、緑を楽しめる工夫を随所に凝らしています。

 
若林の家ファサード

北の前面道路から見た外観です。
1坪ほどですが植栽スペースを設けていて、緑の横を通ってアプローチします。

 
若林の家アプローチ
家の顔として選んだのはアオダモ。
足元には初夏に白花をつけるコクチナシとヒメリュウ、そしてユキヤナギが彩りを添えます。
 

若林の家アオダモ

アオダモを選んだのは、繊細な枝ぶりが充実している樹がこの場に相応しいと考えたから。
特徴的な幹肌が、縁甲板打ち放しの壁とよく合っています。
 
若林の家ポーチ
アオダモの横を通ってポーチへと至ります。
 
若林の家ポーチ
ポーチには玄関扉と同じピーラーでベンチを設えました。
買い物帰りに荷物を置くのに重宝し、縁側のようにも使えます。
 
若林の家玄関
玄関まわりには表札・インターホン・ポストなど求められる要素が多いので、シンプルに整理しています。
波ガラスの下は造作でつくったポストで、表札はインターホンカバーを兼用しています。
 
若林の家玄関
玄関からポーチを見返したところ。
アオダモが向かいのお宅との緩やかな目隠しにもなっています。
玄関の中にもベンチを設けていて、ポストに入れられた郵便物はこの上に乗るようにできています。
 
若林の家玄関
玄関とポーチの天井が、欄間のガラスを通してつながっています。
 
若林の家廊下
玄関を入ると、祖母の寝室である和室越しに庭が見通せます。
正面に見えているのは、主木に選んだモミジ。
廊下左手には個室が2つ並び、階段のハイサイドライトからの光が漆喰の壁を明るく照らしています。
 
若林の家庭
庭を東から西に見通す。奥は浴室で、手前が和室の窓。
 
若林の家庭
主木のモミジは、庭の大きさに合わせて横に広がりにくいものを選んでいます。
庭の奥行きは3mもありませんが、丁寧に樹種を選んで植栽をすればきれいな庭はつくれます。
庭の広さが限られていても、緑を楽しむ暮らしを諦める必要はありません。
 
若林の家浴室
庭に面した浴室の窓は、上部を緑の気配を感じられるFIX窓、下部を緑を眺められる窓としています。
隣家からの視線を遮りつつ、光がふんだんに入る明るい浴室です。
 
若林の家LDK
 
若林の家LDK
 
若林の家花壇の緑
2階のリビングは、天井の高い空間になっています。
バルコニーの一角には屋上緑化システムを利用して花壇を設け、人の背の高さほどのルーバー手摺りで囲みました。
壁でなくルーバーとしているのは、通風と植物への日照確保のためです。
数年もすれば目の前に緑のスクリーンが生まれ、内と外の一体感が強まるでしょう。
これも、限られた広さの中での工夫のひとつです。
窓辺の収納はテレビ台として造りつけましたが、ここに腰掛けると何とも言えない心地よさがあります。
 
若林の家LDK
ダイニングには、大きなテーブルをつくりました。
大きなテーブルは、食事以外にも家族が思い思いの時間を過ごすことができる場所になります。
 
若林の家LDK

バルコニーを背に北(道路側)を見ています。
右奥はキッチン。
正面には1階からの階段とロフトへ登るタラップ そして和室が見えます。

 
若林の家LDK

キッチンの扉の横には 枠と一体に食器棚を造りつけています。
複雑な工事ですが 大工さんがとても丁寧につくってくれました。
それぞれの扉にはすだれ状の薄いスクリーンを入れています。

 
若林の家LDK
ロフトからリビングを見下ろしています。
コンパクトなリビングですが、天井が高く、外とつながっているので面積以上の広がりを感じられます。
 
若林の家キッチン
建て主の要望で独立したキッチンとしましたが、バルコニーの緑の雰囲気を感じられるようにリビングとの扉を工夫しました。
すだれは光を和らげ、インテリアとしても楽しめます。
 
若林の家本棚
 
若林の家ベンチ
 
若林の家ベンチと本棚
階段をあがったホールには、本棚とベンチをつくりました。
じっくりと本を読むには適しませんが、ちょっとした気分転換にいいようです。
 
若林の家和室(障子)
 
若林の家和室(格子戸)
寝室として使う和室です。
障子のほかに、格子戸を設けました。
窓を開けて寝たい時には、外側の障子を少し開け、内側の格子戸を閉めて使います。
どちらの戸も壁の戸袋の中に収納することができます。
 
若林の家和室(収納)
足元の浮いた収納はクローゼットで、右は押し入れです。
揉み紙を貼った扉の手掛けはデザインして製作したものです。
 
ブログでも若林の家の情報をお伝えします。こちらからご覧ください。