鎌倉の家
2010 神奈川県 木造地上2階 敷地面積:99.01u 建築面積:53.91u 延床面積:104.51u

鎌倉特有の入り組んだ小道の一角に建つ住宅です。
1階を庭と連続した個室と水まわり、2階をほぼワンルームの家族が集まる明るいリビングとしています。
限られた規模の中に様々な要素を詰め込みつつ、緑を楽しむ暮らしを実現した住まいとなりました。
 
鎌倉の家外観
北側の前面道路から見ています。入り組んだ小道の一角に建つ様子が分かるでしょうか。
向かいの緑や鎌倉特有の小山の緑を楽しむために設けた窓と、薪ストーブの煙突が見えます。
大きなはめ殺し窓の脇には、株立ちの桂を植えました。手前は駐車スペース。
 
鎌倉の家アプローチ
アプローチ。
道路から玄関までの距離が近いのですが、出来るだけ単調にならないようにしました。
下草をまわりに敷きつめた御影石を渡り玄関に入ると、寝室越しに主庭まで見通せます。
左に見えるのは株立ちの姫沙羅。
 
鎌倉の家アプローチの緑

アプローチまわりの緑。
時計回りに、桂(2階から楽しめる)、姫沙羅の足下に建て主が植えた蛍袋、玄関脇の石臼、藪蘭です。

 
鎌倉の家玄関
玄関扉を開けると、寝室越しに主庭を見通せます。
もちろん、障子で仕切ることも出来ます。
 
鎌倉の家主審室
主審室はデッキを介して主庭とつながっています。
一段高いデッキは浴室の前で、その下を園芸道具の収納としています。
 
鎌倉の家個室
個室も同様に広いデッキで主庭とつながっています。
「く」の字型の平面で主庭を囲んでいるので、左手が主寝室になります。
ここはまだ小さい子供の遊び場で、ぽかぽかと陽があたる縁側のイメージです。
将来は、間仕切りで2室に分けられるように計画しています。

 
鎌倉の家浴室
主庭に面した明るい浴室。
 
鎌倉の家2階リビング
2階のリビングは、「く」の字の平面なりに切妻屋根が連続した、明るいワンルームです。
左が北(道路側)、右が南(主庭側)。
薪ストーブの後ろは階段で、ハイサイドライトとなる大きな嵌め殺し窓から、向かいの緑を借景として取り込んでいます。
正面左のドアはトイレで、その手前には来客用の手洗いスペースを設けています。
 
鎌倉の家2階リビング
障子と扉を開け放した様子。
建て込んだ一角では、採光に優れた2階リビングの手法は有効です。
 
鎌倉の家2階リビング
天井の高さは約3.6メートル。
キッチンカウンターのダイニング側には、収納と飾り棚を設けました。
 
鎌倉の家2階リビング
階段をのぼり振り返るとこの景色が目に入ります。一番奥はスタディルーム。
木の壁の向こうは本棚で、乱雑に並びがちな本を見せないとともに、ゆるやかな間仕切りとなっています。
リビングの一角に場所をつくることで、個室にこもることなく自然に家族が集まるための工夫です。
 
鎌倉の家2階リビング
障子を開け放した様子。
 
鎌倉の家2階リビング
テレビ台は造り付け。木のはしごをのぼれば明るいロフトです。
 
鎌倉の家2階リビング
リビングから見下ろす。
「く」の字型の平面が、ワンルームに変化を与えていることがよく分かります。
 
鎌倉の家2階リビング
キッチンから見る。
ここは家の内と外がよく見える場所で、食事の準備や片付けをしていても家族の様子が分かり、外の景色も楽しめます。
 
鎌倉の家はしご
ロフトのはしごは、無垢の木に段板を組みこんだシンプルなデザインです。
 
鎌倉の家手洗い器のしつらえ
来客用の手洗いスペースに信楽焼の洗面ボウルを設けましたが、建て主の工夫で時に緑を設えています。
こういう心遣いは設計者としてもうれしいものです。