三郷の家
2007 埼玉県 木造地上2階 敷地面積:310.92u 建築面積:173.60u 延床面積:170.10u

郊外の住宅街にある二世帯の住まいです。
周辺は建て込んでおり前面道路には路線バスが通るため、周囲からの視線を遮りながらつつも外とつながり、
緑を楽しむことができる家にしました。
日当たりのいい東南に主庭を設け、居間・食堂・厨房などのパブリックゾーンと両親の寝室が、
庭を介してゆるやかにつながります。
主庭は広めのデッキを設え、アウトドアリビングとしても楽しめるようにしています。
 
バスが通る前面道路から見る。
2階を道路より後退させ、大きさを感じさせない威圧感のない外観としています。
格子戸を通って玄関に至ります。
 
建物の北側にあるアプローチは暗くなりがちですが、
トップライトを設けて明るく気持ちのよい場所にしています。
 
奥の両親の寝室と右手のリビングが主庭を介してつながります。
広めのデッキとレンガ敷きの庭は、食事や読書の場所としてアウトドアリビングとしても活用できます。
 
東南の角にあるダイニングは、コーナーの建具を開け放つことができます。
ガラス戸、簾戸、障子などの建具を、季節に応じて使い分けます。
 
ダイニングのサッシを引き込むと外の緑と部屋が一体的につながります。
株立ちのモミジのやわらかい表情が、食事の時間をより楽しいものにするでしょう。
 
家族みんなで料理ができるように、作業スペースを広くとったキッチン。
多人数の作業を考慮して、回遊動線があるアイランドキッチンとしています。
 
三郷の家リビング
 
三郷の家リビング
窓を開放して庭とひとつながりになるリビング。
冬は障子で冷気を遮断し、薪ストーブで炎を眺めながら寛ぐことができます。