向台・空の切妻
1998 東京都 RC造地下1階 地上2階  敷地面積:91.97u 建築面積:36.58u 延床面積:100.27u

敷地は建て込んだ住宅地で、空に浮かんだような切妻屋根を架けています。
限られた敷地面積に対し、厳しい建ぺい率と高さ制限でしたので、容積を確保するために半地下をつくりました。
リビングダイニングは2階ですが、周囲は建て込んでいるため視線が気になり、不用意に窓を開けられません。
そこで欄間を三角形の大きなガラス窓として、空へ視界を開きました。
食事をしながら空の移り変わりを眺められる楽しい住まいとなっています。
 
▲外観
道路側にはわずかですが植栽をしつらえています。
足元はツツジ、高木は白い花の美しいヒメシャラの株立ちです。
コンクリートの外観に対し玄関扉は木を使っています。
 
▲中庭
半地下の寝室に大きな窓を与えるサンクンガーデン。
螺旋階段は2階のリビングダイニングと庭を繋ぎます。
 
▲リビング・ダイニング・キッチン
キッチン、ダイニング、リビングと間仕切ることなく、大きな屋根の下にそれぞれの場所をしつらえています。
 
▲リビング・ダイニング
南の欄間からは大きな空の風景と明るい日差しが入ります。
左の引戸は壁に引込まれバルコンと部屋の繋がりを良くしています。
 
▲リビング・ダイニング
普通のソファを使わず、ベッドを使ったリビングのコーナー。
 
▲寝室
半地下にある寝室でサンクンガーデンに開いています。
密集した周囲から独立した落ち着いた空間となりました。