砂色の木箱
1995 山梨県 木造地上2階 敷地面積:1,074.38u 建築面積:129.99u 延床面積:191.17u

山中湖畔の別荘地に建つ週末住宅です。
都会での日常生活の延長として利用するため、設備の充実をはかりました。
別荘としてのお定まりの板張の外観を避け、都会的なテイストを求めて内部も外部も淡い白で塗られています。
また大きく平らな屋根の下に各部屋をつなげるため欄間をガラスとしています。
北側の跳ね出しバルコニー、南側のカバードデッキでは森の景色を存分に楽しめます。
 
▲外観
白色を主体とした外装。バルコニーの腰壁は板張とし、周辺の景観との調和を計っています。
 
▲南側外観
南側のカバードデッキの奥がリビングダイニングです。
 
▲カバードデッキ
天候に左右されない外の部屋。森の空気に満たされます。
 
▲リビング・ダイニング
建具を壁に引き込んで、カバードデッキとひとつながりの空間として使えます。
 
▲リビング・ダイニング
ふつうの部屋に比べ、1mほど天井の高い空間です。
間仕切り壁の上を透明ガラスの欄間にして、大きな天井のひとつながりの空間となりました。
 
▲暖炉
リビングダイニングの中央にある暖炉 。別荘で無為に過ごす貴重な時間を彩ります。
 
▲キッチン
別荘といえども本格的なキッチンです。
 
▲和室
北側バルコニーをみる。
来客用として独立して使うために、厨房、浴室、トイレが付属しています。