設計のご依頼をお考えの方へ
 
  私たちの仕事は、建て主様の思いをくみ取り、何もないところから形にしていきます。
しかし、まだ形の見えないものを信用することは、誰にでも勇気がいります。
そこで、設計を始める前に設計相談を行なっています。費用は無料です。
設計相談では、ご予算やご要望をふまえて、お住まいに対するお考えをお聞きします。
相談は土地探しの段階からでも可能です。土地と家のコストバランスはとても大切ですので、お早めにご連絡ください。
遠隔地での設計もお引き受けいたします。その際は、往復交通費と宿泊費等のご負担をお願いすることがございます。
また、住宅以外の設計もお受けしております。
まずは、電話お問い合わせフォームあるいはメールでお気軽にご連絡ください。
   
家づくりの流れ
1 設計相談(無料)
  設計相談では、お住まいや暮らしについての考えをお聞きし、家づくりの疑問や質問に答えさせていただきます。
ご予算とご希望のバランスや土地選定などのアドバイスなども可能です。
建てたい家のイメージを伝えられるものや測量図、写真などがあればお持ちください。
豊富な掲載誌や作品集など、具体的な設計事例をご覧いただきながら詳しくご説明させていただきます。
まずはお気軽にお越しください。
   
2 基本計画(1〜2か月程度)
  建築設計監理委託契約をさせていただいてから、具体的に設計を始めます。
まずは、家の住み心地を左右する平面プランの検討です。
敷地や周囲の状況をよく読み、法的条件やご希望を整理してそこでの暮らしを思い描きます。
基本計画は「緑を楽しむ家」の骨格をつくる段階でもあります。
家づくりを左右する一番大切な段階と言っても過言ではありませんので、お互いが納得できるまで計画を見直します。
   
3 基本設計(1か月程度)
  平面プランが決まったら、立面・断面計画の基本方針を図面と模型でご説明いたします。
   
4 実施設計(3か月程度)
  基本設計をもとに詳細設計へと進みます。
使用する素材や設備などの仕様を、月に2回程度の打合せを繰り返しながら決めていきます。
同時に、構造計算を行ない計画をまとめていきます。
   
5 工事見積・工事契約(1〜3か月程度)
  実施設計でまとめた図面をもとに、信頼できる施工会社に見積を依頼します。
通常は数社に依頼しますが、場合により一社特命の場合もあります。
提出された見積書を比較検討し、予算に合うように調整していきます。
もし予算を超過した場合は、設計内容を見直し減額の提案をさせていただきます。
   
6 確認申請(1か月程度)
  関係諸官庁や民間確認検査機関に確認申請を行ないます。
   
7 着工・工事監理(6〜8か月程度)
  工事が始まりましたら、施工するための詳細図を作成します。
現場の状況にもよりますが、基本的に週に1回現場に足を運び、工事が問題なく進んでいることの確認や、必要に応じて中間検査などの申請や立ち会いをします。
工事期間中にも、現場の進捗状況に応じて打合せを行ない最終確認をさせていただきます。
また、建物が概ね完成した頃に、植栽の選定や確認を行ないます。その際には、植木畑へご同行いただき現物を確認していただくことも可能です。
   
8 竣工
  完了検査などの各種検査を行ない、お引き渡しに立ち会います。
   
9 一年検査
  竣工後一年を目安に施工会社の一年検査を行ない、不具合の確認と対策を行ないます。
その後もメンテナンス等のご相談はいつでもお受けいたします。
   
家づくりの予算について
1 建築工事費
  これまでの実績から坪単価を目安としますと、木造で90万/坪程度〜、鉄筋コンクリート造で110万円/坪程度〜となります。 ただし、地盤の状況や建物規模、形状、仕様、二世帯住宅、また工事時期によっても価格は変動します。詳しいことはお問い合わせください。
   
2 植栽工事費
  建築工事費の3〜7%程度を目安としてお考えください。敷地規模や屋上緑化の有無等により費用に幅が出ます。
出来るだけ費用を抑えたい場合は、中高木等は植木屋に依頼して、下草や草花は建て主様ご自身で植えることも可能です。
   
3 建築設計監理費
  建築工事費に料率をかけて決定します。目安として、建築工事費の11〜16% とお考えください。
この料率には、構造設計費も含まれます。
確認申請では木造2階建ての一般的な住宅は構造計算を省略できますが、当事務所ではすべての建物の構造計算を構造事務所へ依頼し、安全性を確認しています。
   
4 諸経費
  敷地測量費用、地盤調査費用、各種申請検査費用、確認申請代理手数料、登記費用、税金、印紙代、地鎮祭や上棟式の祭事費などをお考えください。